1: グリーゼ581c(新疆ウイグル自治区):2012/04/06(金) 01:45:12.42 ID:


http://sankei.jp.msn.com/wired/news/120404/wir12040417000002-n1.htm

NYオートショーで「空飛ぶ自動車」お披露目
2012.4.4 17:00 (1/2ページ)[くるま]
https://livedoor.blogimg.jp/affiri009-001/imgs/7/5/75ecfc71.jpg
 道路を走れる飛行機『Transition』が今週、ニューヨーク国際オートショーでお披露目される。
ニューヨーク国際オートショーに今週、「空飛ぶ自動車」が登場する。
 Terrafugia社が開発した『Transition』は、折り畳み可能な翼と、4つの車輪を備えた2人乗り飛行機だ。マサチュー
セッツ州に拠点を置くTerrafugia社は、同社が数年前から開発を続けるTransitionを「道路を走れる飛行機」と呼び、
最近は「合法的に公道を走れる飛行機」と呼んでいる。しかし、もっと簡単にいえばこれは「空飛ぶ車」だ。
 Terrafugia社はこれまでもっぱら航空関係のコミュニティにこだわってきた。だが、同社の共同創設者でもあるカー
ル・ディートリッヒ最高経営責任者(CEO)によると、価格27万9,000ドルのTransitionをこれまで注文してきた顧客層を
調べた結果、航空関係以外の顧客にも目を向ける価値があると考え、オートショーへの出品を決めたという。
 Transitionの巡航速度は169km/hで、自動車よりも速い。さらに、道路では滅多に走れない直線コースを飛行できる。
だが、ほかの多くの軽量スポーツ航空機(LSA)と比べると速度は遅い(LSAの多くは約217km/h近い速度で飛行する)。
それに、ほかの新しいLSAと比較した場合、Transitionは大半のモデルよりも価格が10万ドル以上高い。Transitionの
利点は、飛行条件が悪いときなどには飛行せずに運転するという選択肢が持てることなのだという。
 ディートリッヒCEOによると、現在の顧客のうち2/3は、特定の用途に合った実用的な交通手段として考えているという。
そうした顧客には、例えば仕事で各地を飛び回る測量技師や不動産開発業者などがいる。不動産開発業者は、上空
から新しい建設用地を探したり、飛行機で顧客に物件を見せて回ったりできる点を気に入っている。

http://www.youtube.com/watch?v=x6MVQ4m0vaE&feature=player_embedded

https://livedoor.blogimg.jp/affiri009-001/imgs/4/3/4340e1a2.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/affiri009-001/imgs/b/a/ba94c1d8.jpg
2: ハレー彗星(茸):2012/04/06(金) 01:46:59.69 ID:

こういうのいいからさっさとデロリアンつくれよアメ公
3: プロキオン(鳥羽):2012/04/06(金) 01:47:59.45 ID:

またニコイチか
6: ポラリス(宮崎県):2012/04/06(金) 01:49:03.22 ID:

空白の位置が気持ち悪い

小松未歩の「願い事ひとつだけ」かと思った
8: 太陽(北海道):2012/04/06(金) 01:53:00.73 ID:

翼付いたら服着られないじゃない。
9: チン顧問 ◆RitalinnSs (庭):2012/04/06(金) 01:58:31.05 ID:

あっというまに捕獲されてしまうな
11: プロキオン(チベット自治区):2012/04/06(金) 02:00:52.39 ID:

さしあたり、オマエ一緒に乗れと言われても、断固ことわる
12: カリスト(家):2012/04/06(金) 02:01:12.99 ID:

メンテ考えたら翼は無いよな、スレタイも車も
■■■オススメ記事■■■