1: やるっきゃ騎士φ ★:2012/04/18(水) 15:44:46.95 ID:

元日本銀行総裁の三重野康(みえの・やすし)氏が15日、心不全のため死去した。
88歳だった。

三重野氏は1947年、東大法学部卒業後、日本銀行に入行。
営業局長、理事、副総裁を経て、89年12月、日銀総裁に就任した。就任直後から
三度にわたり公定歩合を引き上げるなど、金融引き締めによるバブル退治で
「平成の鬼平」の異名をとった。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120418-OYT1T00636.htm?from=main1

■産経サイトから
三重野康元日銀総裁が死去 「バブル退治」で賛否
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120418/fnc12041815080010-n1.htm
(前略)
1947年東大法学部を卒業し、日銀へ入行。早くから「日銀のプリンス」と呼ばれ、
営業局長、理事などを経て84年に副総裁。89年12月、第26代日銀総裁に就いた。
就任直後から1年足らずの間に公定歩合を3度引き上げ、バブル退治の「平成の鬼平」と
一時は喝采を浴びた。
しかし行き過ぎた引き締めが土地・株価急落を招きバブル崩壊不況を深刻なものにした
として、その後一転して「不況の元凶」などと批判された。

画像は
https://livedoor.blogimg.jp/affiri009-001/imgs/d/3/d38174ab.jpg

■ロイターから
三重野元日銀総裁が15日に心不全で死去、バブル後に金融引き締め
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK078526020120418
(前略)
白川方明日銀総裁は「三重野元日銀総裁のご逝去の報に接し、まことに痛惜の念に
堪えない」とする談話を発表。バブルがピークを迎え、崩壊に向かう期間に政策運営を
行ったことに関して「先進国がその後相次いで直面することになる『物価の安定』と
『金融システムの安定』という2つの使命の同時達成に先進国の中銀総裁として最初に
直面し、これに真正面から取り組まれた」とコメントした。

-以上です-
3: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 15:48:12.09 ID:

全ての日本人の敵
戦犯三重野
一族郎党打ち首獄門レベルの国賊
4: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 15:52:58.74 ID:

非弾力的金融政策の典型。
バブルやインフレならガンガン引き締め、不景気やデフレならズンズン緩和、って、馬鹿かマネタリストのやること。
7: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:02:16.03 ID:

子の時は国を挙げてバブル退治を行った
各省庁、政治家、マスコミが我も我もと
バブル退治を煽った
お陰さまで景気は急降下しクラッシュしてしまった
11: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:06:04.44 ID:

>>7

退治という主旨は良いんだけど、やり方が馬鹿そのものだった。
たとえば上の金融引き締め、そして大蔵省による総量規制、ああいう非弾力的な経済政策を採ってはいけない。
貨幣は非弾力的だが、価格は弾力的だから、本来はアポロ宇宙船を手動で月面に着陸させるぐらい慎重に弾力的にやらないといけない。
9: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:02:54.01 ID:

バブルって退治しなくてよかったんじゃ
14: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:08:32.46 ID:

>>9

しなくてもクラッシュした。
単に退治の仕方が最悪だった。
17: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:10:44.81 ID:

バブル退治するなら早い時期にしないと意味ないんじゃね?
1985年に東京都千代田区から始まった地価高騰は
1986年には東京都区部に波及したんだから
遅くとも1986年の前半にはバブル退治を始めないのはおかしい。
21: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:13:30.57 ID:

>>17

土地バブルはね。
でも専門的な話になるが、市場利子率のバブルが始まったのはそれよりずっと昔の1975年ごろです。
25: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:18:10.77 ID:

>>21

1979年にロクイチ国債が暴落する前は
実質統制金利だっただろ?
27: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:19:57.31 ID:

>>25

政策利子率≠市場利子率
みんな間違えるんだよここを
18: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:11:24.75 ID:

宇宙船に例えると、要するにマネタリストの連中はスラストモーターを吹かしすぎるんだよ。
だから宇宙船の方向や姿勢はパッと変わるが、結局修正するのが難しくなってしまう。
19: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:12:30.42 ID:

三重野康へのマスコミの扱いは、
最初は伊東正義と共にバブル退治の旗手として、汚職小沢の天敵・平成の鬼平ここに在り、と褒めたたえる記事ばかりであったが、
景気が落下してもまだ株や土地の下落を主張し、いくら企業が潰れても自業自得扱いしたので、
同士の文藝春秋以外は、竹中に鬼平の名を移してしまった。

商業を邪悪としか見れなかった清貧質実剛健主義者だった。
22: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:15:50.20 ID:

>>19

まああの時代はフリードマンとかハイエクとかサッチャーとかが流行っていたからね
その辺の考えを理論的な部分の検証は無視してパッチワークで政策に採りいれていたわけだから
いまもそういう態度の面では変わってないけど
マトモなのは白川さんだけだ
28: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:23:06.37 ID:

>>22

白川さんって今の日銀総裁?
現職の人を判断するのはもうちょっと時間が経たないと無理だと思うよ
三重野さんだって最初持ち上げられて今悪口言われまくってるけど今後また評価が変わるかもしれないし
29: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:25:24.30 ID:

>>28

白川さんは三重野さんと逆のパターン。
はじめ人々から散々凹られて、後になってその真価が正しく評価されてくる。
いま世間で白川さんを高く評価している人なんてそんなにいないと思うよ。自分はしてるけど。
30: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:26:43.91 ID:

>>28

> 三重野さんだって最初持ち上げられて今悪口言われまくってるけど今後また評価が変わるかもしれないし

       ,、‐ " ̄:::゙:丶、
    ,r::::l3゙::::::::/ハヽ:ヽ::::、:ヽ
    {::://:::::::// ヽ\ト、:::::::!
    ヾ l:::::::/ 丶   `ヾ ィ、:::|
     |;:r::|  O`  'O ゙ハ|   < ないない
      ヽハ :.:.    :.: レ
        ´\ r‐--‐、,ノ
 r、     r、/ヾ ̄下ヘ
 ヽヾ 三 |:l1、_ヽ/__ .ィヽ
  \>ヽ/ |` }    n_n| |
   ヘ lノ `'ソ     l゚ω゚| |
    /´  /      ̄|. |
    \. ィ   ___ |  |
        | ノ     l |  |
      | |      i:|  |
32: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:27:48.96 ID:

>>30

ハイエクを支持する人はいつでも三重野さんを高く評価するはず。
33: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:30:33.16 ID:

>>30

ハイエク支持する人って、要するにEUのシンクタンクのブリューゲルの面々とか。
いまのバルツェロヴィチ会長とかね。ああ、4日に退任したな。新会長はトリシェさん。もちろんこの人も。
62: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 17:22:49.60 ID:

>>22

日銀工作員乙

白川は打ち首獄門じゃ
31: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:26:54.15 ID:

価格破壊、流通革命(問屋つぶし)
株の持ち合い解消 バブル以後マスコミがもてはやした
流行はことごとく今の若者が自殺に追い込まれる酷い状況をつくりだした

一番新しいのはコンクリートから人へ
もう騙されるなよー
35: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:32:46.92 ID:

>>31

橋下新党がきてますよ。みんなの党もありますよ。そしていまは野田政権ですよ。自民でも清和会は巻き返しを狙っていますよ。
ハイエク主義=ネオリベラリズムの政治力はいつの時代も強力です。
高額所得者に有利なことばっかり言うから。
37: 名刺は切らしておりまして:2012/04/18(水) 16:36:41.55 ID:

いやーたいした人だったよ
この人が引き締めたおかげで、その後ずっとゼロ金利でも全然金が回らないんだからw
■■■オススメ記事■■■